宣長祭

日本的觀光活動宣長祭


宣長祭3.0

LINEで送る
去這裡查詢路線

 舉行期間 2018年4月1日 ~ 2018年4月1日

推薦最佳時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

本居宣長(1730-1801)是江戶時代的日本古典研究家。
生於木棉商人之家,後來成爲醫生,同時研究了日本最古的『古事記』和『源氏物語』。
門生近500名,遍布列島四十多個藩國,五十來歲時,本居執掌的國學派成爲和荻生徂徕萱園學派並立的江戶學術高峰,這是後話。
日本國境內廣植的櫻花,作爲日本的象征或大和民族精神文化精神符號,這與宣長的鼓噪分不開。
由物哀的文藝觀出發,本居認識到日本古典所體現的“真情”和“物哀”,是日本民族所特有,是“大和心”(日本精神)的體現,將這一日本人的審美習慣,進而推廣到對整個民族精神的贊美。
他說以物哀爲基礎的“大和心”,是具有普遍性的,並不是一種抽象的存在和虛僞說教,而是在日常生活中真實可見可接觸的情感,它有外在的表象和標志,比如文藝作品有和歌物語,自然界有獨特的草木山川景觀都散發著物哀精神,最典型的就是遍布日本列島的山櫻花。
本居宣長酷愛櫻花,自號“櫻奴”,相信山櫻是大和風土和精神的化身。
故居裡展出本居宣長四十、六十歲兩幅自畫像,書案上的花瓶裡插的都是櫻花。
所以他的祭典也配合了櫻花盛開時期,在松阪公園舉辦。

宣長祭:2018年4月1日 10:00〜16:00
除了有祭典和茶會以外,義工還會導遊松阪公園裡的松阪城遺迹。
這是1588年,在蒲生氏鄉公之手中所建造的城閣,是松阪城市的象征。現在雖然城閣的建築物已沒了,但是那充滿了迫力的由自然石頭所搭成的石垣仍是非常地可觀。
早春季節的梅花,春天的櫻花・藤花,秋天的銀杏均非常美麗,一年四季做爲市民們休憩的公園爲人所親近。
還將披露多姿多彩的舞蹈,如松阪市無形民俗文化遺産之一的松阪音頭與舞蹈等。

目的最愛祭典,日本通取向,賞櫻
最近的機場/車站紀勢本綫 松阪站 (大約0.8公里) 查詢路線

由我們為您導覽此景點

評論

5.01个月前

よく整備されています。石垣が自己責任で囲いがないのは少し怖いぐらいでしたが、当時の状況を保存するためにはこれで良いのだと思います。駐車場も無料で使用できゆっくりと観光できました。

4.01周前

松坂城跡は石垣がしっかり残っていて見応えありました。

4.04个月前

松坂城跡地の一部。散歩、ランニングなどには最適。風通し良く夏を中心に運動するには安全で安心して身体を動かせる場所だと思う。

4.08个月前

松阪城跡にある公園。松阪城は1588年に建てられた日本城100選にも選ばれているお城だが残念ながら天守閣は現存しない。その代わりに石垣がしっかりと残っており、今でも当時のままの決して登りやすいとは言えない石垣を登って天守閣跡まで行くことができる。石垣の上は広場になっていて高台の上から松阪市街を見下ろすことができる。景色はとても良いのだが場所によっては石垣に柵がないので小さな子供は注意が必要。春になると桜が咲きライトアップされて多くの人が花見に訪れる。

3.03个月前

天守閣がないので特にこれといった物がないです。100名城巡りがなければ行くことはないかな。

周邊景點

大約22.7公里
大約25.5公里
大約31公里
大約36.1公里
大約37.8公里
大約39.9公里
大約42.2公里
大約45.3公里
大約53.4公里