2018/8/12~8/13 燒津神社大祭(荒祭)

日本的觀光活動2018/8/12~8/13 燒津神社大祭(荒祭)


2018/8/12~8/13 燒津神社大祭(荒祭)3.4

LINEで送る
去這裡查詢路線

 舉行期間 2018年8月12日 ~ 2018年8月13日

推薦最佳時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

燒津神社大祭(荒祭Ara Matsuri)被稱爲東海(東海地區)頭號荒(Ara)(熱鬧)節日。從8月12日到13日每個夏天在燒津神社舉行。每年8月14日,在燒津大祭之後,您可以欣賞到非常美麗的燒津海上煙花。從19:30 - 20:30左右,5000發煙花將點燃燒津新港區的夜空。
日本武尊發源的燒津神社是1600年前創建的,主生意繁榮、家宅平安、出海安全,深受本地民衆信任。
超過300人神役巡遊隊列,再加幾千個白色裝束的年輕人簇擁著神轎在燒津市內緩步前進,喊著不尋常的喊聲“anetton”。妳可以聽到一整天都在喊這個詞的人。
隊列中的神役在神道上邊淨化清潔好幾次,邊緩緩前進。從燒津神社早上10點出發,到晚上11點爲止,途徑燒津市4個巡遊點,神轎要走6.5公裡。
荒祭的威嚴和粗狂使人矚目,但荒祭的“荒”並不是粗狂和暴戾的意思,而是樸素、純粹的心態對待信仰的神的意思。
祭祀的衣裳是上下皆純白。和日本過期的底色白色相同,代表清純。參加這個祭祀就是要淨化身心。

燒津神社距離燒津站僅13分鍾的步行路程。
燒津新港煙花從燒津站徒步15分鍾。

目的最愛祭典,驚險刺激,一生難忘,男性取向,神社/寺廟,遊玩
最近的機場/車站靜岡機場 (大約14.5公里) 查詢路線

由我們為您導覽此景點

評論

5.02周前

2019 2 5

本日、焼津神社にて参拝させて頂きました。初めて来ました。焼津駅から歩いて15分くらいですね。近くて良かった🎵

焼津神社は、古くからの歴史がある神社ですね。宮司さんが祝詞をあげております。神社に来たという実感が沸きますね。

〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️

焼津神社

『日本書紀』『古事記』の伝説によれば、ヤマトタケル(日本武尊/倭建命)は天皇の命で東征し、その途上で賊の火攻めに遭った。しかしヤマトタケルは草薙剣で草を薙ぎ、さらに向い火をつけて難を逃れた。これによりその地は「ヤキツ」(紀は焼津、記は焼遣と表記)と称されます。この火難伝説地が静岡県焼津地域に比定され、焼津神社はその事跡を伝える神社とされております。

社伝では、景行天皇(第12代)40年7月に日本武尊は東征に際して当地で野火の難を逃れたとし、のち反正天皇(第18代)4年に日本武尊の功徳を敬って神社が創建されたとされております。

創建伝承にあるように、焼津神社はヤマトタケル東征の事跡を伝える神社とされます。しかし今日までの研究では、ヤマトタケルは元より実在の人物ではなく、『日本書紀』『古事記』の伝える伝説は各地の伝承を1人の人格にまとめたものとされております。両書に記載される地名起源説話も実際には実在地名を逆に下地にした例が多いことから、焼津の起源説話に関しても「ヤキツ」が先行地名として存在したものと推測されます。先行地名としての「ヤキツ」の由来は一説に、焼津地域が天然ガスの埋蔵地であることから、これがいつの時か引火して燃え続けたことによるとされております。

4.02周前

初詣として訪問させて頂きました。
焼津らしく大漁旗があり色鮮やかで素敵でした。普段は御朱印もありますが込み合うので年末年始は既に用意されているものを頂く形でした。

5.02周前

焼津の鎮守、焼津神社、旧称は入江大明神。社伝によると反正天皇の頃、だいたい1,600年以上の歴史があり、日本武尊を敬って創建された。境内には日本武尊の像が立つ。
初詣、節分の豆まき、幟担ぎなどには、多くの人が参拝に訪れるため、近隣に臨時駐車場が設けられます。また行事の中でも荒祭は凄い。白装束の集団が、掛け声をかけながら神輿を担ぎ、町を練り歩きます。
荒祭期間中は金と銀の文字で荒祭と書かれた、2種類の特別御朱印を頂くことができます。仕方のない話ですが、御朱印帳に直接頂くのではなく紙での頒布となってしまうのが残念です。

5.03周前

焼津の精神的支柱です。
1600年の歴史を持ちます。

4.02个月前

御神木は立派で、境内の木々の配置はバランスよく落ち着きます。

周邊景點

大約14.9公里
大約42.4公里
大約52.5公里
大約53.3公里
大約55.6公里
大約59.6公里
大約63.1公里
大約65.5公里