2019/1/10 福男選拔 in 西宮神社

日本的觀光活動2019/1/10 福男選拔 in 西宮神社


2019/1/10 福男選拔 in 西宮神社4.1

LINEで送る
去這裡查詢路線

 舉行期間 2019年1月10日 ~ 2019年1月10日

推薦最佳時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

日本兵庫縣西宮市以供奉財神爺“惠比壽”而出名的西宮神宮是日本著名神社之一,是財神神社總社,全日本有分社3500間。
裡面敬奉的是關西人信仰的惠比壽爺,也被稱作“福神”,財神爺,七福神之一,是主生意興隆、漁業豐收、福氣的神,兵庫縣西宮神社的祭神,也被稱爲蛭子和事代主神。

惠比壽爺神社每年1月10日前後三日舉行的活動稱爲十日戎,特別西宮神社早上6點開始,都會舉行一年一度的“福男”選拔大賽,是衆多媒體的報道話題。
“福男選拔”是從日本江戶時代開始流傳至今的祈禱生意興隆的年中活動,最早到達本殿進行參拜的人被視爲“福男”。
每年年約有超過6000人參加該活動,是西宮神社的一大神事。
此次大賽目的是爲選拔能一口氣跑到主殿並第一個參拜財神爺的“福男”。

活動具體內容爲,首先讓前來參選的挑戰者們抽簽。因爲只有108個人才有資格參加挑戰。抽到從1到108號碼的挑戰者可以按照號碼順序在神社大門之外排列。抽簽選中參賽的108人早早的就守在神社門外。淩晨6點,在陣陣太鼓聲中比賽開始,神社大門將被打開,而挑戰者們將會一鼓作氣像離弦的箭一般嚮距離230米的神社本殿沖去。能夠第一個沖到殿內的人將成爲今年的“福男”。第二、第三名也分別獲得“二番福男”、“三番福男”的稱號。他們將會得到福男的認證證明書和獎品。
三位福男在主殿前舉行開鏡儀式,爲前來參拜的衆人送去福酒,分享福氣。
同時先到的5000人也會德島免費的“開門神事參拜之證”。

十日戎期間除了開門神事福男選拔以外,還有特大金槍魚奉納、有馬溫泉獻湯儀式等活動。
並且神社門外門庭若市,各種新年吉祥物以及日用品、祭祀品等800多個小攤,三日期間參拜者超過一百萬人。

此活動雖說是福男選拔,但其實無論男女老幼,只要在開門前5分鍾,誰都可以即興參加。
服裝上沒有要求,可這畢竟是一場神事活動,不要穿用諸如角色扮演,披風之類對神失禮的服飾。

日程:2019年1月10日(周四)
時間:6:00~
會場:西宮神社
地址:兵庫縣西宮市社冢町1-17
交通:阪神西宮站,步行5分鍾
駕車:阪神高速西宮出口,下至國道43號,車行3分鍾
停車場:有

目的最愛祭典,交通方便,捧腹大笑,驚險刺激,一生難忘,感受日本的冬天,男性取向,神社/寺廟,遊玩
最近的機場/車站阪神電鐵 西宮站 (大約0.3公里) 查詢路線

評論

5.01年前

水 虫至 子 神

5.02年前

御朱印get!

4.02周前

社殿が美しい神社だ。9月の始めに訪れたが、その日は快晴。社殿と青空のコントラストが最高にキレイで、写真を見ると絵葉書のようにキレイに撮れている。
ここがあの有名な福男を決める神社なのかと興味津々で見てまわる。思いのほか静かで落ち着いた雰囲気のお社です。
境内も清掃が行き届いており気持ちが良い。あの福男レース、一度は見てみたいと思うが、ここまで来るのは遠いなぁ。
来年もニュースで見させていただきます。参拝できて良かったです。

5.0本周

☺えびす様は優しい神様 ( スクナビコナ )
 ~七福神の中で、唯一日本の神様~

🍺ヱビス ビールをヒットさせた神様
 ( ラッキー🎯EBISU )

縁起男🌕福男選びの神社~

西宮のえべっさんの愛称で親しまれ、全国に(約3500社)あるえびす神社の総本社。通称赤門と呼ばれる表大門は豊臣秀頼公の奉献とされ、☀毎年 1月 10日 6時に行われる
(開門神事福男選び) は全国的に有名で、表大門の開門と同時に、多くの人たちが本殿を目指して走る …🏃…🏃… …🏃… 🏃

 ありがた~い 🌕 福笑いの神 (^_^)

              神恩感謝

3.01个月前

西宮神社は 福の神として崇敬されている えびす様をおまつりする神社の総本社。 商売繁盛の祈祷や、福男神事でも有名。創建時期は不明だが、延喜式内社の「大国主西神社」に同定する説がある。現在、境内末社の大国主西神社が式内社とされているが、後述のように西宮神社自体を本来の式内大国主西神社とする説もある。だが延喜式神名帳では菟原郡となっており、西宮神社がある武庫郡ではなく、西宮神社にせよ現在の大国主西神社にせよ、式内社とするには一致しない。ただし武庫郡と菟原郡の境界は西宮神社の約200m西側を流れる夙川でありこの河道の変遷により古代は菟原郡に所属したとする説もある。
式内大国主西神社との関係がいずれとしても、平安時代には廣田神社の境外摂社であり「浜の南宮」または「南宮社」という名であった。廣田神社と神祇伯の白川伯王家との関係から頻繁に白川家の参詣を受けており、既に篤く信仰されていたことが記録に残っている。
平安時代末期、廣田神社の摂社として「夷」の名が初めて文献にあらわれるようになる。そのためこの頃から戎信仰が興ったとの説がある(同時期の梁塵秘抄にも、諏訪大社、南宮大社、敢国神社と共に、廣田神社の末社が南宮とされている)。この南宮が現在の西宮神社のことであり、廣田神社の境外摂社である「南宮神社」が現在でも西宮神社の境内にあるのはその名残りである。

周邊景點

大約5.8公里
大約6.4公里
大約7公里
大約7.8公里
大約8.4公里
大約8.6公里
大約8.9公里
大約9.9公里
大約10.3公里
大約10.4公里
大約10.9公里