2018/10/26~10/28 伊萬裡TONTENTON節

日本的觀光活動2018/10/26~10/28 伊萬裡TONTENTON節


2018/10/26~10/28 伊萬裡TONTENTON節4.3

LINEで送る
去這裡查詢路線

 舉行期間 2018年10月26日 ~ 2018年10月28日

推薦最佳時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

伊萬裡市是位於日本佐賀縣西部的港口城市,江戶時代日本陶瓷器的輸出港。以伊萬裡燒(有田燒)而聞名。
伊萬裡TONTENTON節也叫伊萬裡宮日祭,伊萬裡市的伊萬裡神社每年10月19日的神殿祭後的周末三天舉辦的慶典,至今已有兩百年以上的歷史了。
身穿祭典服裝的擡轎手所擡的神輿(神轎)和團車(花車),在市內各處激烈碰撞的勇姿是這個慶典的特征,與愛媛縣的新居濱太鼓節和福島縣的飯坂喧嘩祭並稱爲日本三大喧嘩祭(喧嘩意爲吵架打鬥)。
每年都有超過15萬觀光客到訪此DONTENDON節,是大規模慶典。

伊萬裡神社由戶渡島神社、香橘神社、岩栗神社合並而成。
香橘神社是祈禱五谷豐登的神社,供奉楠木正成的祖先橘諸兄爲主神,祭典當日將派出祭祀和魂的白神輿和祭祀荒魂的荒神輿,呼喊著“cho-sanya”的號子前進。
戶渡島神社是祈禱漁業豐收的神社,供奉在玄界灘救起遭難於暴風的足利尊氏的船的神,祭典當日將派處祭祀和魂的紅神輿和祭祀荒魂的團車,呼喊著“arayo-itoya”的號子前進。
在祭典期間,在陣營指揮下各處都將上演勇猛壯烈的合戰劇,以「TON、TEN、TON」的太鼓聲爲信號,荒神輿和團車將互相沖撞,持續上演激烈的碰撞相鬥。
最後,神輿和團車在互相交錯抵抗的形式下,雙雙墜落到伊萬裡川的河水裡,然後雙方竭盡全力拉神輿和團車上岸,比賽哪方先上岸就是勝利。
據說荒神輿先上岸的話明年就是五福豐登,團車先上岸的話就會帶來漁業豐收的好運。
正如“喧鬧祭”之名,祭典上的諸般場面十分激烈,每年受傷者都層出不窮。

另外兩天市民們也將一同在市區舉辦伊萬裡秋日祭,孩子們擡神轎隊伍、伊萬裡舞蹈總動員、伊萬裡太鼓與鄉土藝能等都一一登場。
各個攤檔屋台也將伊萬裡市中心渲染上熱鬧的節日氣氛。

日程
10月19日(周五)伊萬裡神社 神殿祭
10月25日(周四) 入魂神事
10月26日(周五) 城內巡遊、安幕
10月27日(周六) 本祭初日
10月28日(周日) 本祭終日

舉辦地:伊萬裡市街
交通:JR伊萬裡站,步行10分鍾
駕車從長崎自動車道武雄IC下,車行30分鍾
門票:觀賞免費
圖片提供:佐賀縣觀光連盟

目的最愛祭典,交通方便,驚險刺激,群舞巡遊,體驗,男性取向,神社/寺廟,觀光景點,購物,遊玩
最近的機場/車站伊萬裡站 (大約0.8公里) 查詢路線

由我們為您導覽此景點

評論

5.02个月前

ユダヤを出発した神々は西日本全土に漂着しております、目的なくして来たのではなくて日本にユダ国を作るのが目的です、当時の14代王朝マナセ王は自分の代で終わりだと分かっていたのです、3.4.5月ころの黒潮の高いときに出てきましたら西日本に漂着します、黒潮は西日本を過ぎましたら右に曲がりまして太平洋に向かいますから神々は西日本に漂着したのです、何年かかけて出てきていますが、やはり日本に来たあとはユダ国は滅亡しています、中でもこの伊万里湾に漂着した集団は伊万里の神や愛宕の神であり、近くに愛宕山があるのを見れば、何らかの形でお祀りされているはずです、さて紀元前670年頃には伊万里神は伊魔離神の名称だったのが、転々と名前がかわったのでしょう、この伊万里市の端に伊勢町といいます地名がありますのは、まさしく、この伊魔離神が伊勢の内宮に皇太神宮としていったものです、古事記や日本書紀は朝廷が記載さしていますから、このように神社名は転々とかわりますし、ご祭神も次々と変わりますから、混迷するばかりでしょう、イザナミ、イサナギ神と記載しているなら、みんな納得すると思うていたのでしょう、本来はここから阿波の国の神山に行きまして卑弥呼(天照神)と再会しましてキノベ山に降りて来まして最後まで卑弥呼を看とりました、のちに、スサノウ神や大山杭神らに伊勢に来るように勧められて、最終的には伊勢の天照神になったのです、伊勢志摩の文字をよく見てください、魔の文字を変えたのです、この神がいたからこそ、下関を抜けて古代の貿易ができたのです、おそらく知恵の神の愛宕神とは同じころにきていますので、スサノウ神は宗像三女神をいただいたのです、詳しくは私の記載しました、阿波の国の伊魔離神社をみていただけるなら、理解できるとおもいます、正しくこの神こそが、伊勢の天照神なのです。追記、高文化をもちこみましたから土着民は神と仰ぎました、そして、大予言をしますから彼らは神となりました、もしも、現在 高文化を持ち込み携帯電話なしでINSPIRATIONでアメリカと話ができたり、乗り物に乗らずにワープできます、瞬間移動ができるような人物がきましたなら、私たちは神と呼ぶか、あるいは宇宙人と呼ぶでしょう、当時はそれくらいの改革があったものと思われます。

5.01个月前

This shrine is currently undergoing construction on the base buildings, however the upper levels are still open. This shrine is particularly of note as at open of the upper levels is a monument to Morinaga, founder of the candy company and born in Imari. It’s peaceful walking around this shrine next to the river. During Ton Ten Ton, this shrine has a lot going on and it’s worth stopping in at that time.

4.02个月前

何故か鳥居をくぐっていくと凄ーく良い香りが辺りに漂っていた。

3.01个月前

伊万里市内で一番大きな神社。森永製菓の創業者と縁のある神社でもあり、日本に初めて伝えられた橘の木が植えられた神社でかなり歴史のある場所です。

5.08个月前

楼門脇に「英彦山神社」とある。気になって調べたら、伊万里神社を名乗るのは最近のことらしい。
中心になるのは菓子の神様、田道間守。垂仁紀に曰く。

九十年春二月庚子朔、天皇田道間守に命し常世國に遣わし、非時の香菓(かぐのみ)求めしむ。今に謂ふ橘は是也。

九十九年秋七月戊午朔、天皇纏向宮に崩(かむあがる)、時に年百卌歲。冬十二月癸卯朔壬子、菅原伏見陵に葬りまつる。

明年春三月辛未朔壬午、田道間守常世國より至り、則ち物を齎す也、非時香菓八竿八縵焉。
田道間守、是に於て泣悲しび歎ひて之に曰く「天朝より命を受け、遠く絶域を往き、萬里の浪を蹈み、遙に弱水を度る。是れ常世國、則ち神仙の祕する區、臻る所は俗に非ず。是を以ち往來之間より十年を經、豈期、獨り峻瀾を凌ぎ、更に本土へ向かふ乎。然、聖帝の神靈を頼り、僅に還り來たるを得。今や天皇既に崩、復命を得ず、臣雖り之に生くるや、亦何の益矣。」
乃ち天皇の陵に向ひ、叫ひ哭きて自ら之に死す、群臣聞き皆流淚也。田道間守、是れ三宅連の始祖也。

この田道間守が景行天皇二年(72)「時非香菓(ときじくのかぐのこのみ)」を植えたとして香橘神社の創祀とする。770年、橘氏の始祖「橘諸兄(たちばなのもろえ)」を孫の橘嶋田麻呂が祀り「橘ノ宮」とした。
岩栗神社は740年、藤原広嗣の乱を平定するために大野東人の副将、紀飯麻呂が自分の遠祖である彦太忍信命を祀り戦勝祈願をしたことを創祀とする。1100年頃に松浦郡司の安倍宗任が、英彦山宮を併せ祀り「岩栗山香橘神社」とした。

戸渡嶋神社は200年頃、神功皇后創建とされる。

昭和三十四年、戸渡嶋神社を合祀。昭和三十七年、岩栗神社を合祀、「香橘神社」から「伊萬里神社」と改称。

そういう訳で御祭神は三社を併せる。
難波王・橘諸兄・伊弉諾命・伊奘冉尊・天忍骨尊(香橘神社)
底筒男神・中筒男神・上筒男神・綿津見神(戸渡嶋神社)
彦太忍信命(岩栗神社)
参道の鳥居も、三社それぞれから持ってきたので、元の社名がついていたりする。

と知った上で詣でると。菓祖田道間守を祀る中嶋神社が、何故か境内社として小さく独立している。いや、香橘社からして田道間守の社だったんでは?

それにしても、柑橘ごときで時忘れのカグノミとは大袈裟な。と、この時は思った。のは間違いだったようだ。
今や月に一度の血液検査を受ける羽目になり、結果を見て医師が言うことに、カリウム不足と。何でそんなものが不足するのか納得いかずにいたら、ナトリウム・ポンプの準主役なのだった。正式にはナトリウム/カリウム・ポンプで、ナトリウムを排泄して細胞の浸透圧を制御し、高血圧を防ぎ、神経伝達を支え、アミノ酸ほか栄養の吸収に使われるカリウムなのだった。そりゃ不足したら不調になるはずだ。
アポロ宇宙船の着陸チームにもカリウム不足が起こり、対策としてオレンジジュースが処方されたのだった。何でこんな大事なことを忘れていたのか。

もっとも、医師の話では糖分の多い蜜柑は弊害もあり、バナナが良いという。だから当時バナナがあれば、バナナが非時香菓になったであろう。
菓祖田道間守はバナナも焼芋もカステラもご存知なかったが、初めて甘味を齎した偉人として、いつまでも称えられることであろう。ご本人には悲劇だったけれど、これも人生というものだ。

周邊景點

大約4.8公里
大約12.8公里
大約19.4公里
大約21.2公里
大約22.9公里
大約23.7公里
大約32公里
大約40.3公里
大約42.7公里