2019/1/3 筥崎宮玉取祭

日本的觀光活動2019/1/3 筥崎宮玉取祭


2019/1/3 筥崎宮玉取祭4.0

LINEで送る
去這裡查詢路線

 舉行期間 2019年1月3日 ~ 2019年1月3日

推薦最佳時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

位於福岡市東區的筥崎宮和京都的石清水八幡宮、大分縣的宇佐神宮,並稱爲日本三大八幡宮,其築前一之宮是國有重要文化財産,祭祀著開運和勝利的神明。
每年1月3日筥崎宮爲了祈願豐收和豐漁,舉行新春傳統神事玉取祭,也被稱爲玉競祭。
由氏子(信徒)按照地域不同分爲“陸組”和“濱組”,來爭奪直徑28厘米,重達8公斤的「玉」(木球),來占蔔一年吉凶的正月搶球活動。
這個慶典起源於500年前的室町時代,自古以來盛大隆重而且慎重地舉行,不僅聞名全國,被稱爲九州三大祭,更是有名的裸身祭之一,是祈求五谷豐登和漁業豐收的新春傳統活動,到訪者達到5萬人以上。

下午1點開始的“洗玉儀式”淨化“陰”“陽”兩個木球之後,玉取祭在本殿北側的玉取惠必須神社正式開始。
身著兜裆布的300個信徒男子大冷天裡,頂著被潑水的嚴寒,圍繞一個木球“陽之玉”展開激烈爭奪。
據說只要碰到陽之玉,並放到頭上就能避禍避災,得到幸運,因此信徒們互相激烈碰撞、搶奪的情景十分雄壯熱烈,光是看著也覺得很有意思,現場人們的熱鬧喊聲席卷全境。
從末宮到本殿250米的路上邊競爭邊前進,直到傳遞到在本殿等待著的神職者手中,陰陽二球彙合,奉於神明前,執行祈願神事。
最終落入陸組之手的話預示著今年將是大豐之年,落入濱組之手則將迎來海上大豐收。

日期:2019年1月3日 13:00至14:30 繪馬殿前進行洗玉儀式
然後把陽之玉(球)交給後東側,離著250米遠的末宮 玉取惠比壽神社,搶球活動開始。
會場:玉取恵比壽神社~筥崎宮境內
地址:福岡市東區箱崎1-22-1
露天攤販:約120間
交通:福岡市營地鐵 箱崎宮前站1號口,步行3分鍾
JR鹿兒島本綫 箱崎站下車,步行8分鍾
西鐵巴士 箱崎下車,步行3分鍾
JR九州巴士 箱崎1丁目下車,步行2分鍾


目的最愛祭典,交通方便,驚險刺激,能量景點,神社/寺廟,觀光,邊走邊吃
最近的機場/車站箱崎宮前站 (大約0.3公里) 查詢路線

由我們為您導覽此景點

評論

5.01年前

三大八幡之一

4.02年前

筑前国一宮

5.01周前

ちょうど来た時にいい風が流れていました。
敵国降伏
この文字だけ見ると、力でねじ伏せるという意味に捉えがちですが、本来の意味は敵国が自国の魅力に自ら降伏する。つまり、力というより魅力を磨けば相手が認めてくれるという意味で捉えた方がいいそうです。
捉え方はネットなどを見ての私の解釈の仕方になりますがそう考えると、この神社に来てもっともっと自らを磨かなければならないと思いました。
ありがとうございます。

5.0本周

■ 敵 国 降 伏 ■ 

筑 前 一 之 宮 八 幡 大 神

圧倒的な社殿、不動の存在感

福岡県庁の近く。砂浜に赤い鳥居があり3号線そばに大鳥居。そこから1Km近くの長い参道が続く~

境内には応神天皇の御胞衣を箱に入れて白砂青松の地に植え、松を植えたといわれる、その筥松があり御神木となっている。

天平宝字三年(759)創建説があるが現在は延長元年(923)筑前穂波郡の大分宮から移転されたと考えられているらしい。

当社の元社と考えられる筑前穂波郡の大分宮は現在の福岡県飯塚市大分鎮座の大分八幡宮である。

参拝は楼門で行う。境内には鳩が多い。楼門に⚡敵国降伏⚡の扁額をかかげる。

社殿の東西に、東末社と西末社がある。

東末社には~
池島殿・武内社・乙子殿・住吉殿・稲荷社

西末社には~
龍王社・若宮殿・仲哀殿・厳島殿・民潤社

筥崎宮のトリプル インパクト

重厚な明神鳥居、 

楼門と敵国降伏、

黒い御朱印帳、

覇気に満ちた八幡神でした。

               神恩感謝

3.04周前

*紫藤花
*日本三大八幡宮,一千多年歷史
*重要文化財
*豐臣秀吉在征服島津義久之後,對九州進攻進行論功行賞的地方。也是黑田官兵衛獲得豐前國2/3的時間點。

八幡神是日本天皇的祖神,可以追朔至傳說中日本的第十五代天皇──應神天皇,和比賣神、神功皇后合稱八幡神。自從平安時代以來,受到神佛合一的影響,也成為佛教的護法神,有「八幡大菩薩」的稱號。而源自皇室的源氏武家將八幡神視為守護神,之後源賴朝創立鎌倉幕府,八幡神也演變成守護武士的武神。一直到現在,日本人在日常生活中也時常請求八幡神的保佑喔!

*位於九州大分縣宇佐市的宇佐神宮是全日本八幡宮的總本社,加上京都的石清水八幡宮、福岡的筥崎宮、鎌倉的鶴岡八幡宮,統稱「日本三大八幡宮」。

*奉祀應神天皇・神功皇后・玉依姫命。延長元年(923),從穂波郡大分八幡宮搬遷於此時創建。這個地區在12世紀鴻臚館貿易衰退之後,成為對外貿易的中心而十分繁盛。之後又作為元寇來襲時的戰場,見證了許多歷史性的一刻。現保存有本殿、拜殿、樓門、一之鳥居、石燈籠等許多國家指定重要文化財產。每年的奪球節和放生會大祭等祭祀活動都吸引許多人潮前來。

周邊景點

大約2.3公里
大約5公里
大約11.8公里
大約23.9公里
大約33.3公里
大約34公里
大約45.6公里
大約45.8公里
大約58.1公里
大約59.4公里