2018/12/31~2019/1/1 王子 狐狸隊列遊行

日本的觀光活動2018/12/31~2019/1/1 王子 狐狸隊列遊行


2018/12/31~2019/1/1 王子 狐狸隊列遊行4.0

LINEで送る
去這裡查詢路線

 舉行期間 2018年12月31日 ~ 2019年1月1日

傳說在比江戶時代更久遠以前,每到除夕夜,全關東地區的狐狸們都會聚集起來,在東京都北區的王子附近的大樸樹下整裝後,前往關東稻荷總部的王子稻荷神社參拜。
歌川廣重曾將其情景描繪的浮世繪“王子樸樹下整裝,除夕狐火夜通明”,整裝的神社就是“裝束稻荷”。
在每年的除夕夜舉辦參拜活動“王子狐狸遊行”,再現了浮世繪,帶著狐狸面具和狐狸彩妝的人們組成隊伍緩緩而過,來觀看的人們非常多。
深夜0點過後,在歌謠聲和狐狸低喚聲中,王子的街道裡,狐狸隊伍穿過夜色而來,情景非常神秘和不可思議。
大太鼓的隊列,而後還有狐狸吹打奏樂團同行,另外還有可愛的小狐狸集團列隊而行,緩緩走嚮王子稻荷神社。
到達點燃篝火、燈火通明的王子稻荷則是最高潮。
在裝飾有巨大的狐狸面具的神樂殿裡,獅子舞慶祝新年,人們將地方歷史與文化轉承給下一代,給予下一代夢想和驕傲,祈求孩子們的健康成長和幸福,同時以狐火燈籠代表通往未來的生命之燈和希望之燈,由全體參加者列隊遊行進行新年參拜,共同慶祝新一年的到來。

舉辦時期:2018年12月31日~2019年1月1日
會場:裝束稻荷神社(東京都北區王子2-30-13)、王子稻荷神社(東京都北區岸町1-12-26)等
交通:JR王子站北口,步行7分鍾
東京metro南北綫王子站,步行6分鍾

目的最愛祭典,驚險刺激,能量景點,夜景,感受日本的冬天,神社/寺廟,觀光,遊玩
最近的機場/車站王子站 (大約0.6公里) 查詢路線

評論

3.02周前

北区・王子駅徒歩10分
 関東稲荷総社の格式を持ち、開運のパワースポットとして人気❕
不思議な石、御石様 願い事を念じ石を持ち上げて、思ってたより軽かったらその願いが叶いやすく、重かったら叶いづらいので頑張って‼
 狐が住んでいたと云わっている穴で、信仰の対象になっています。
ちょっと高い所にあるのですが、この付近は、空気が変わり、その歴史とパワーを感じることができますよ。
 御祭神:宇迦之御魂神・宇気母智之神・和久産巣日神
 
 *2月の初午の日は、参道には沢山の屋台が立ち並び、様々な種類の凧が販売され、多くの参拝客で賑わいます。「凧市」も江戸時代から続く歴史ある行事。当時、江戸の街はよく火事に見舞われ、風が大火につながることから、風を切って上る凧を火事除けのお守りにと、民衆が王子稲荷神社の奴凧を「火防の凧」として買い求めたのが始まりだそう。
 当日限定で授与される「火防せの凧」も人気で石段下から長い行列が出来ます。

 *大晦日20時~❕神様の御使い狐が、王子稲荷神社に参拝。狐たちは、まず装束榎に集合して衣装を整え、王子稲荷神社を目指します。
 毎年大晦日に大祭「狐の行列が」行われ、たくさんの見物客に
 *この穴はまさに、狐さまが住んでたと云われる穴で、信仰の対象になっています。ちょっと高い所にあるのですが、ここにくるとまた空気が変わり、その歴史とパワーを感じることができますよ。
 見どころがたくさん!長い歴史と厚い信仰を誇る「王子稲荷神社」

5.04周前

かの有名な東国三十三国稲荷総司王子稲荷に参拝できました。門を潜って幼稚園に挟まれた参道の途中右側には弁天様があります。階段を上ると真正面に彫刻の美しい本殿。鈴の帯の結び方が変わっていて面白いです。右側の社務所には珍しくて可愛い授与品が色々置いてあります。社務所を左に進んで赤い鳥居を潜り右に進むと三体のお稲荷様と願掛けの石。更に階段を上っていくとお狐様の穴が祀ってあります。その昔この辺りにたくさん住み着いていたお狐様たちのすみかがこちらのお稲荷様になったのですね。落語では「王子の狐」、浮世絵では、歌川広重の王子装束ゑの木大晦日の狐火や、とても面白い歌川広景の江戸名所道戯尽 王子狐火の舞台でもあります。

5.01周前

東国三十三社の元締め稲荷。

王子神社から400m程と至近距離にある稲荷神社。東国というといまでいう北海道を覗く東日本。その総社にあたるらしい。

境内には幼稚園を併設する。一段高い崖の中腹の場所に稲荷神社がありました。拝殿へは急な階段があります。

拝殿は、第11代将軍、徳川家斉が寄進したもので、側面からみた枕木の形といい、正面からみた造りもとても美しい。

こちらは、歌川広重が『名所江戸百景』として、王子稲荷からの景色(富士山?筑波山?)を描いている。かつては眺望がよかったのだろう。

設置されている、稲荷とされるキツネの石像にも歴史がある。宝歴14年、1764年だから約250年前の彫像である。彫りも像のバランスも見事です。顔つきはとてもにこやかな表情でした。最近多い怖いキツネではない。

飛鳥山から、王子神社、王子稲荷と続く一帯は現代の軽井沢のような行楽地だったと想像する。江戸から近くの別世界なんだろう。

2.02周前

幼稚園が併設されており、訪れた時間が悪かったのか正門からは参拝できませんでした。
境内にはお迎えママ達の自転車がみっしりと並んでおり、苦笑しか出ませんでした。
子供達の元気な声(と表現しておきます)がよ~く聞こえて、平日に詣でる神社では無いなと強く思いました。
日曜・祝日の参拝をお勧めします。

4.02周前

火事避けの奴凧が有名ですよね。
東京のお稲荷様の総本山だとか。
縁日には王子駅からお稲荷様の入口まで
数10軒の屋体で賑わいます。