2020/3/3 紀之川雛偶放流

日本的觀光活動2020/3/3 紀之川雛偶放流


2020/3/3 紀之川雛偶放流3.1

LINEで送る
去這裡查詢路線

 舉行期間 2020年3月3日 ~ 2020年3月3日

推薦最佳時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

紀之川雛偶放流是紀之川市粉河地區的春天的風情詩之一。
粉河寺的傳統活動女兒節祈願祭和紙人偶放流河川以除厄消災的當地神社的神事結合在一起,有了現在的雛偶放流活動。
女兒節當天,粉河寺境內設祭壇,把孩子們和市民們寫上願望的紙人偶供奉於上,舉行祈禱孩子們的健康成長與市民的安全幸福的祈願祭祀。
而後,以穿著華麗紅色和服的“公主殿下”爲首,總人數100人的大型隊列將會從粉河寺出發,浩浩蕩蕩得緩步遊行一公裡路,通過街市,一直到達中津川河畔。
隨後,小學生和幼兒園的孩子們親手將這些紙人偶放流進河水中,讓災禍都隨人偶流走。
春日的暖陽照耀著河面上五顔六色的紙人偶,此情此景讓人感受到早春的悄然到訪。

舉辦時期:2020年3月3日(二)
舉辦地點:粉河寺~舊紀之川市役所支所前
舉辦時間:13:30粉河寺祈禱 14:00雛偶大型隊列 15:00雛偶放流(中津川)
交通:JR和歌山綫粉河站下車,步行15分鍾

【屆時節慶活動如有變更或是中止,請以主辦方官網信息爲准。請恕本站沒有答疑服務。】

目的最愛祭典,群舞巡遊,傳統民俗,體驗,女性取向,孩子最喜歡,家庭取向,神社/寺廟
最近的機場/車站粉河站 (大約1.1公里) 查詢路線

由我們為您導覽此景點

評論

5.01年前

西國三十三所 特別企劃

4.01年前

景色優美,花開三成,人不多。

5.02个月前

奈良時代末から続く由緒正しい又素晴らしいお寺です。
千手千眼観世音菩薩像を祭っておりました。
数々の建物もそれぞれに有終の時代を思います。
朱色の大門の左右に聳え立つ仁王像様は圧巻です。
一見の価値大いに有り。

4.04个月前

西国第三番 本尊は「千手千眼観世音菩薩」。「粉河観音宗」という宗派の総本山になっている。
本堂へ到る道に立派な「中門」がある。この中門には四天王(持国天・増長天・広目天・多聞天)が表裏2躰ずつ祀られており、1832年に建立された。
現存の「本堂」は享保5年(1720年)に再建されたものといわれている。
「本堂」の造りは、八棟造り(屋根を複数に組み合わせた)といわれている様式であり、これは建物が大きく立派に見える。
本堂の西側に「千手堂」が建てられている。祭壇には歴代の紀州藩主とその縁の人たちの位牌が安置されている。
「本堂」の前、東南側に六角堂が建っているが、その傍らに「湯浅桜」が植えられている。板の説明文を参照していただきたい。
本堂の東側に自然保存木に指定されている楠木がある。一見に値する。
「本堂」の前の石段の西側に「粉河寺庭園」があり、国の名勝に指定されている。

4.04个月前

主人が大のお気に入りのお寺です。とても歴史ある建物にご利益がありそう(о´∀`о)。
ただお守りなど売っている方は、あまりお寺に合わない、『どうなの?』って言いたくなる方です。

周邊景點

大約11.4公里
大約15.6公里
大約17.7公里
大約22.4公里
大約22.5公里
大約25.2公里
大約25.5公里
大約37.9公里
大約39.7公里