2019/5/18~5/26 松江城山稻荷神社式年神幸祭 豐來榮彌節

日本的觀光活動2019/5/18~5/26 松江城山稻荷神社式年神幸祭 豐來榮彌節


2019/5/18~5/26 松江城山稻荷神社式年神幸祭 豐來榮彌節4.6

LINEで送る
去這裡查詢路線

 舉行期間 2019年5月18日 ~ 2019年5月26日

推薦最佳時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

擁有370年歷史的古老的城山稻荷神社的式年神幸祭又稱爲“豐來榮彌節”,是個10年一屆百船絢舞來朝的祭祀節慶,廣爲人知。
作爲水都島根縣松江市最盛大的渡船祭祀,與廣島宮島的管絃祭和大阪天滿宮的天神祭並稱爲日本三大船神事。

9天的活動中,信徒使徒們用船將供奉於城山稻荷神社的神靈運至10公裡外東出雲町的阿太加夜神社,稱爲渡禦祭;接著用一周的時間在阿太加夜神社嚮神靈進行祈禱,以求五谷豐登以及人們幸福的生活,其中進行中日祭;最後一天再用船將神靈請回城山稻荷神社,稱爲還禦祭。
最有看頭的三天祭祀活動——渡禦祭、中日祭、還禦祭裡,均有100多條色彩鮮豔的船隊,延綿約1公裡,來護送神靈船,蔚爲壯觀。

◎渡禦祭 2019年5月18日(星期六)
“渡禦祭”是城山稻荷神社的神靈在陸上遊行之後,從大橋川河畔由神船運至阿太加夜神社的渡船祭祀。
4座大橋之間5艘裝飾喜慶的棹傳馬船圍繞著中心的神船獻上古老而華麗的棹傳馬舞蹈。
大約由100艘船所組成長約1公裡的船隊沿大橋川順流而下,經中海,由意宇川逆流而上到達出雲鄉橋後再次獻上棹傳馬舞蹈。
(※棹:劃船槳;傳馬船:相當於拖船)

◎中日祭 2019年5月22日(星期三)
神幸祭期間正中間的那天,在阿太加夜神社舉行的祭祀活動叫做“中日祭”。
棹傳馬船的舞者們換乘陸船(船型的花車),一邊表演著舞蹈一邊緩緩地行進在通往神社的參道上,並在神社內獻上棹傳馬舞蹈。

◎還禦祭 2019年5月26日(星期日)
“還禦祭”是送神靈回到城山稻荷神社的渡船祭祀。
與渡禦祭的路程正好相反,將神靈請回稻荷神社。
合著豐來榮彌“嚯-蘭-恩-呀”的歌聲,跳著敬奉神佛的棹傳馬舞,一個爲期九天的神祭節就此宣告結束。

交通:JR山陰本綫 松江站,步行5分鍾
駕車:山陰道 松江西IC下至國道9號綫,往東開車15分鍾

【屆時節慶活動如常舉辦或是中止,請以主辦方官網信息爲准】

目的最愛祭典,必去景點,網紅熱點,群舞巡遊,傳統民俗,神社/寺廟,觀光景點,超主流
最近的機場/車站松江站 (大約2公里) 查詢路線

由我們為您導覽此景點

評論

5.01年前

城山稲荷神社
宇迦之御魂神・誉田別尊

平成29年6月6日 参拝

5.01个月前

松江城に来て、ここに寄らないのは凄く勿体無い

私がお参りにしたときは、誰も来ませんでした

松江藩初代藩主 松平直政公が
作らせた防災のお稲荷さま
なので、葵の御門が入っています

10年毎に開催される、日本三大船神事・ホーランエンヤは、このお稲荷さまの式年神幸祭です

いままさに、開催中なんですね

境内には、1,000体はあるのではないか?と思われる狐の置物がずらり
結構迫力在ります

怪談の小泉八雲も大好きだった、狐の石像も在ります

松江城から小泉八雲資料館に歩いて行くときは通るので、是非寄ってください

5.01个月前

2019 5 17

本日、城山稲荷神社にて参拝させて頂きました。一昨年の秋に一度参拝させて頂きました。二度目の参拝になります。

明日は、ホーランエンヤの渡御祭ですね🎵

〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️

2019 5 18

今日は、10年に一度行われるホーランエンヤの渡御祭です🎵凄い人出です❗

沢山の若者が熱心な演技をしております。感動しました🎵一番目立つのは、前と後ろの踊り手ですが、歌を歌う方も船を漕ぐ方も皆一生懸命なされております❗素晴らしいものを拝見しました🎵

〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️

ホーランエンヤ

「ホーランエンヤ、エンヤサノサッサ・・・」
川面に力強い歌声が響きわたる。その唄に合わせ、何万人もの観衆の注目を浴びながら歌舞伎役者に扮する「剣擢」が勇壮な踊りを繰り広げる。櫓に置かれた四斗樽の上で華麗な身のこなしを披露する「采振り」が、采で大きく弧を描きながら天を仰ぐ。そろいのはっぴ姿の男たちが唄に合わせて一糸乱れず櫂をこぎ、あどけない子供たちが太鼓をたたく。水上を舞台に、百隻もの船が五色の旗を風になびかせけんらん豪華な時代絵巻さながらに行列を成すその祭礼に、橋や川岸に詰めかけた観衆から大きな拍手がわき起こる。

松江市の城山稲荷神社と東出雲町の阿太加夜神社の両社で執り行われる10年に一度の式年行事「ホーランエンヤ」である。

〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️

城山稲荷神社(じょうざんいなり)

 初代藩主堀尾茂助吉晴公がここ亀田山に築城の際、この山にあった他の社寺はそれぞれ移転したが、この地にあった若宮八幡宮はそのままこれを守護神として祀った。その後、松江藩の基礎を築いた松平直正公(堀江吉春公から数えて3代目で、家康の孫にあたる)が城内に勧請した神社で名工・小林如泥作の木狐を神宝とするのが城山稲荷神社。境内には1000体以上もの狐が奉納されている。かっては2000体以上もの狐があったと言う。
 松江をこよなく愛した明治の文豪・小泉八雲が通勤途中に毎日のように立ち寄った神社のよし。

3.0本周

創建は寛永15年(1638)、松江藩の基礎を築いた松平直正が松江城内に勧請したといいます。10年に一度、大阪天満宮の『天神祭』、厳島神社の『管絃祭』とともに日本三大船神事の一つに数えられる『ホーランエンヤ』(式年神幸祭)が斎行されています。

1.02个月前

雰囲気はとてもいい神社ですが、お札が欲しかったので、貼り紙通りに下にある社務所に行ったら、テレビ観てる音聞こえて明らかにいるのが解るのに呼んでも無視、インターホンがある事に気付いたので押しても無視。居留守使う位接客嫌なら御守り等売るなって思いました。

周邊景點

大約0.2公里
大約7.1公里
大約11.6公里
大約17公里
大約19.1公里
大約19.2公里
大約21.4公里
大約26.5公里
大約33.8公里
大約34.1公里
大約35.7公里