富士山須走口登山道

日本的觀光景點富士山須走口登山道的觀光資訊/旅遊情報


富士山須走口登山道3.9

LINEで送る
去這裡查詢路線
推薦最佳時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

富士山須走口登山道

須走口登山道的歷史悠久,尤其是江戶時代有著大量的登山者,非常熱鬧。
和其他登山口相比,這裡植被豐富,綠意盎然的登山道旁,四季花木和野鳥讓登山者流連忘返。
各個登山點所在的山屋分配合理,使得登山的速度得以保持,並不耽誤行程,老少登山者都能安全安心的上山,這是須走登山口的魅力之一。
而且天氣晴好時,肉眼能見東京的晴空塔,橫濱的地標大廈,駿河灣等一覽無余。
更重要的是,從登山道的途中,能仰望富士靈峰的日出來光,這是是須走口的最大特征,所以可以說須走口最爲推薦的登山口了。

最近的機場/車站禦殿場站 (大約18.2公里) 查詢路線

由我們為您導覽此景點

評論

5.02个月前

2018年8月19日に登頂、登山経験は皆無で単独登山(今思い返せばとても無謀)、天候はほぼ晴れ、3:30より麓の「山荘菊屋」より出発、10:00に山頂へ到着、きつくなってくるのは「御来光館」あたりより、歩けなくなったらいったん横に退いて立ち止まり「マーブルチョコ」と「携帯酸素」を取ればたちまち歩ける、最後の9合目は一部四つん這いになって歩いた一面もある、スティックは登りはほぼ不要、かえって邪魔になる。帰りは12:30下山、15:45五合目に着、帰りは大変すべりやすく4度転んだ(幸い怪我に至らず)靴に大量の砂や小石が入り込むため、対策が必要、行きよりも帰りが大変であった。

4.02周前

経験者向けのルート、足回りの装備がないと登りは良いが下山は大変です。

2.02个月前

他のコースと比較すると、タイムレコードがデタラメ感がある。
特に8号目の吉田口までの予定期間は大幅に超過する傾向がある。
雨が降った後の6号目までは、湿気が多くジメジメして、岩にはコケが生えているので、気がつかずに踏み込むと転倒事故で済まない可能性がある。
帰りは反面、砂走りに慣れていれば2時間で下山する事が可能。

4.05个月前

森の中からスタートのため、コースが変化に富んでいて面白いです。小屋は少なく登山経験者向け。途中から吉田ルートに合流するので、そこからはかなり混雑します、下りは砂走りという砂利道の下山道のため快適かつ早く下山することができます。
森や高山植物、ガレ場と様々なシュチュエーションが楽しめ、二度目以降のある程度登山経験のある場合の富士山登山におすすめなルートです

5.01个月前

吉田ルートと合流するまでは、山小屋も多く自分のペースで楽しく登山ができた

點評 (共0條)