伊奈神社

日本的觀光景點伊奈神社的觀光資訊/旅遊情報


伊奈神社4.1

LINEで送る
去這裡查詢路線

寶永4(1707)年11月,由於寶永火山噴發,山麓59個村子被埋沒。
當時關東郡代伊奈半左衛門忠順擔任主理了清理火山灰的工事,但由於饑荒,工事遲遲未能進行,半左衛門立定主意打開駿府绀屋米倉,開倉放糧食赈災,發放了1萬3千石的米糧給村民們。
此舉振奮人心,終於使須走的居民區在兩年後得以複興,可是半左衛門由於開倉放糧而被問罪免職,最後剖腹自殺。
爲了紀念他拯救了北駿地區的功績和遺德,慶應3(1867)年建立了一個小祠堂。昭和32年10月移到現地,例年春秋都舉行大祭。

開車從禦殿場IC下,上國道138號,往山梨方嚮開25分鍾左右,從須走IC下後開車4分鍾左右

最近的機場/車站禦殿場站 (大約8.9公里) 查詢路線

由我們為您導覽此景點

評論

5.01年前

かつて富士山噴火に際して天地返しで御厨地区を救った英雄…同じ立場に自分が立たされた時果たしてそのような知恵が出せるだろうか…

5.09个月前

宝永の富士山大噴火で壊滅の危機に瀕した須走を復興させた、幕府の代官伊那半左衛門を神とお祀りしている神社です☺️

5.01年前

富士山が噴火し須走一帯が火山灰で埋まり人も住めない状態になった。幕府の命により、復興に尽力したのが、この伊奈様。いつもお参りしてます。

5.03个月前

🙏

5.01年前

點評 (共0條)