2018/10/12~10/14 贊岐豐濱太鼓花車祭

日本的觀光活動2018/10/12~10/14 贊岐豐濱太鼓花車祭


2018/10/12~10/14 贊岐豐濱太鼓花車祭3.1

LINEで送る
去這裡查詢路線

 舉行期間 2018年10月12日 ~ 2018年10月14日

推薦最佳時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

贊岐山在香川縣境內由東嚮西逐漸低緩,伸嚮濑戶內海的臨海處,在這贊岐山臨海處的北側,就是香川縣西端三豐郡的觀音寺市豐濱町。
這個面海的小城裡,一年一度10月的第二個周五始三天期間,熱火朝天地盛大舉行贊岐豐濱太鼓花車祭,祈禱五谷豐登和漁業豐收。
對觀音寺市來說,是要舉全市之力辦好的精神祭典。
太鼓花車“Chohsa”——是用金綫、銀綫的刺繡裝飾成爲太鼓台的23台花車。
每個地區花車都承載著的歷史和傳統,高約5米,重達2噸的金碧輝煌的花車“Chohsa”是地區的驕傲。
參與漢子都穿著整齊的“法被(一種傳統披挂的服裝)”擡著“Chohsa”,一邊敲打太鼓,一邊在“禦旅所(休息地)”、廣場進行擡花車比賽,在地區內遊行。
要操縱巨大的“Chohsa”花車不是一件容易的事,需要指揮和太鼓手和擡轎手一心同體去運作。
夜晚點亮提燈,更加夢幻般地狂歡亂舞。“Chohsa比賽”是祭典的亮點。

時間:2018年10月12日~10月14日 9:00~22:00
到訪人數:5萬人
地點:香川縣觀音寺市豐濱町一帶 豐濱八幡神社、一宮神社等
交通:JR予贊綫觀音寺站,車行20分鍾;或是豐濱站,步行15分鍾
駕車請上高松自動車道,大野原IC下至國道11號,車行5分鍾

目的最愛祭典,體驗,神社/寺廟,觀光,遊玩
最近的機場/車站豐濱站 (大約1.1公里) 查詢路線

由我們為您導覽此景點

評論

4.01周前

ちょうさ祭りのメインの神社です
祭り絵馬があるかと期待したのですが残念ながらありませんでした
でも宮司さんは優しくて気持ちよく参拝できました

4.06个月前

鎌倉時代に讃岐に流された高野山の高僧道範が、ここで
【和歌】 楠の木も 本のさとりを ひらきつゝ 仏の身とも 成りにけるかな」と詠んでいます。
無量の寿命、無量の光を放ち、一切を見通す阿弥陀仏を楠の幹に彫り込むことにより、木ではあるが悟りを開いて仏と成り、先の梢まで緑となって大いに栄え枯れることがない。私もそうありたいものだ。
ということでしょうか。
「比女の八幡」は、現在の豊浜八幡神社です。今も大楠や老松の社叢に囲まれており、香川県保存木に指定された大楠もあります。生木に仏を彫り出すことは、修験者達がよく行った行で全国各地でしばしば行われています。中姫の生木地蔵(観音寺市大野原町)でも、樹齢一二〇〇年と推定される大楠の洞に地蔵が彫られています。
 
道範は高野山を代表する学匠であったようで、流刑の身でありながら善通寺の庵から各地の寺社などをよく訪ね巡っています。1249(宝治三)一〇月には、遠く伊予国まで出かけています。伊予国寒川(愛媛県四国中央市寒川町)の地頭・小河祐長から求められて、新たに建立した堂の三尊像供養の導写師を勤めるための旅の途中に、「比女の八幡」に参拝しました。
ちなみに、現在の安芸の宮島厳島神社の朱塗りの鳥居の木材は、ここから船に弾かれて運ばれた巨樟だと説明板には書かれていました。

4.01年前

通りすがりですが、立派な神社にビックリ。
近くの海の眺めとても素晴らしいです。

5.01年前

名の通り源氏ゆかりの

八幡神社の1つ

5.02周前

周邊景點

大約20.2公里
大約24.1公里
大約28.1公里
大約35.9公里
大約41.8公里
大約47.2公里
大約48.3公里
大約50.5公里
大約55.9公里