12/15~12/16 秋葉火祭(防火祭)

日本的觀光活動12/15~12/16 秋葉火祭(防火祭)


12/15~12/16 秋葉火祭(防火祭)3.8

LINEで送る
去這裡查詢路線

 舉行期間 2019年12月15日 ~ 2019年12月16日

推薦最佳時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

秋葉火祭是在靜岡縣濱松市的秋葉山山頂付近的秋葉神社和秋葉寺舉辦的最大活動。
日本全國秋葉神社(僅神社本廳傘下約800社)、秋葉大權現及秋葉寺之起源神社
秋葉山以禦神體、山頂之社裡則有火之迦具土大神,秋葉山自古以來就是鎮火信仰的靈山,火神將火的恩惠賜給人們,鎮壓惡火,傳說是祭祀火神的秋葉神社和秋葉寺是在和銅2年(709)創建、對鎮火(日語中寫作“火防”)之神的深厚信仰更是被連綿不斷的承接下去。
秋葉信仰是鎮火的山嶽信仰,在嚴冬中不斷忍耐忍受的人們,願望是能早日看到山野中草木發芽,迎來暖融融的春日,所以焚火祭火,將此願禱告於神靈。
秋葉火祭祈願第一是免於火災以及傷亡,第二是免於洪水受災,第三是免於諸病痛,懷著人們的美好祈禱,秋葉神社神樂殿上神職人員三人將相繼表演弓之舞、劍之舞、火之舞,各自是不外傳之密技。
火之舞是從神殿深處供奉的萬年禦神燈處采火移至火把,然後揮舞火把舞動,情景莊嚴華麗。
曆年都有幾萬人到訪此火祭,今年正逢周六日,估計會有很多參拜者到來。

另外秋葉三尺坊大權現的總指揮秋葉寺是著名古刹。
在明治時代神佛分離的法律實施時廢寺,此地成了秋葉神社。
但信徒的強烈要求下,明治13年又在旁邊再建了秋葉寺,最近傳說是AKB的起源。
火祭當日秋葉寺將舉行火光沖天的大護摩供養,以及古老的渡火修行。
根據修行的規矩,焚燒起護摩木,修行者和參拜者都可以在火上踏步而過,場面驚險,高潮叠起。
秋葉寺距離秋葉神社停車場步行30分鍾。

每年日程
12月15日 下午2點半 禦阿禮祭
  12月16日 下午1點半 例大祭
  12月16日 晚上10點 火祭(防火祭)

秋葉神社:靜岡縣濱松市天龍區春野町領家841
秋葉寺:靜岡縣濱松市天龍區春野町領家848
交通:遠州鐵道西鹿島站,出租車車行40分鍾
駕車的話從新東名高速道路濱松濱北IC下

【屆時節慶活動如有變更或是中止,請以主辦方官網信息爲准。請恕本站沒有答疑服務。】

目的最愛祭典,驚險刺激,能量景點,傳統民俗,體驗,有益健康,夜景,家庭取向,感受日本的冬天,神社/寺廟,觀光景點
最近的機場/車站西鹿島站 (大約13.7公里) 查詢路線

由我們為您導覽此景點

評論

5.0本周

火防の神として昔から篤い信仰をあつめていた秋葉神社。上社は新しく豪華のようですが下社は古めで厳かな雰囲気。
門前のお店はお店兼旅館一軒くらいしかなく、思ったより寂れた印象を受けました。
訪れたのは1月末。初詣時期では無いので落ち着いて参拝できましたが、初詣時期限定のような様々なグッズを買うことが出来、得した気分になりました。
もう一つの秋葉神社上社まで歩いて二時間弱とのこと。なぜに上社、下社が分かれているか気になりますが、そういうのは是非お宮の方に聞いてみるのがよろしいかと。上社まで登る途中展望が拓けていて、遥か海まで見通せるようです。今度はチャレンジしたいと思いました。
余談ですが、すぐ脇を流れる気田川は清流で名高い川のようです。カヤック遊びが盛んですし、ファミリーキャンプなどにもおすすめです。

5.0本周

トビオの🏊プールで泳いでから行きましたが、暖冬、暖冬って騒がれていたのに強風で今にも☔が降りだしそうな空模様でした😭神社に近ずくにつれて、❄️が舞いはじめて、今シーズン初の降雪景色を堪能しました。灯籠が並ぶ階段を頂上の神殿迄昇っていきましたが、寒さ4℃と雪を見て震える始末((⛄))でした。もう1月も下旬となったのに初詣の気分を味わえる新鮮な場所でした。新緑から紅葉の季節に、もう一度歩いて御詣りし遠くの浜松市の景色を楽しみたいな👍素晴らしい景色が目に浮かびそうです。楽しみだー😃

4.01个月前

下社までの方が上社よりかは、行きやすいと思います。
駐車場はどちらもただですが、下社の方が沢山止められます。
元日の13時過ぎが結構空いているのでオススメです。
下社へ渡る橋が少々狭いので、行かれる場合は気をつけてください。
参道の入り口でやってる焼そばの露天があるのですが、作っている人が咥え煙草で作業してました。
見ていて非常に気持ち悪かったです。
灰もそこらに落ちてました。
もし買うようなら、注意してください❗

5.04周前

毎年お参りさせてもらっています。
上社の新しい本宮も素晴らしいのですが、下社の古い荘厳な雰囲気が大好きです。
地元の心の拠り所となっている、素晴らしい場所だと思います。
いつまでも変わらず、ここにあり続けて欲しいと願います。

5.03周前

上社とはまた違い、歴史を感じさせる雰囲気がありました。

上社に行く場合は国道362号→国道152号→スーパー林道のルートがお勧めです。
気田川沿いの県道286号は1~1.5車線の離合困難箇所が多い狭い道になります。