甲斐本家藏座敷

日本的觀光景點甲斐本家藏座敷的觀光資訊/旅遊情報


甲斐本家藏座敷2.0

LINEで送る
去這裡查詢路線

甲斐本家在幕府末期到明治時期,以造酒、等積累了財富。
座敷藏建於大正中期,相當於 51個榻榻米大,其內展示了日常用品和美術工藝品等。
榉樹木制成的螺旋台階是必看之處。
客廳現在被命名爲烏城西洋室,作爲飲茶室使用。參觀需30分鍾。

目的傳統民俗,日本通取向,觀光景點
最近的機場/車站福島機場 (大約68.8公里) 查詢路線

由我們為您導覽此景點

評論

4.07个月前

免門票所以有經過記得逛逛,可以看庭院跟房屋外觀,不能進入室內。旁邊寫著受付處的室內入口有些簡介,可能會有人員導覽介紹,現在是製造醬油味噌的工坊

4.09个月前

免門票

5.01年前

蔵の街・喜多方に於いてでさえ、
『甲斐本家』は、一際目を引きます。
今となっては、どれだけの時間や、
どれだけのお金を掛けても、
これだけの屋敷はもう建てられない
みたいです。  
これだけの屋敷を建てる為に、
必要な職人も、必要な建材も望むべく
も無い。硝子戸の、この硝子を造れる
職人さえも、今はいません。
紫壇やケヤキも、これだけのモノは
無い。そんな話を聞きました。 
ともあれ、
贅沢の極みと言える、蔵屋敷でした。
お風呂は大理石です‼
お部屋も廊下も天井も実に見事です。
圧巻は、ケヤキの螺旋階段‼
一見の価値があります❗

ガイドさんが親切、丁寧に説明して
下さいます。質問にも応えます。
入館は無料です。
トイレ🚻も売店もありません。

余談
 近くの公園に、トイレ🚻は
 あります。
 その公園の桜🌸は、とても
 見事で綺麗です。
 なを、公園の脇に
 『甲斐吉五郎』さんの、
 お墓があります。

補足
 『旧・甲斐家蔵住宅』は、
 国登録有形文化財です。

蛇足
『喜多方や、ロマン漂う、蔵屋敷』
          眠 一興

4.011个月前

喜多方駅で下車し、ラーメンを食べたあとに行きました。(2018年訪問)

理由は忘れましたがあいにく見ることは出来ませんでした。でも、概要を親切に説明していただきました。

桜🌸の時期がお勧めだそうです。

5.01年前

およそ100年前に建設されたこの地方を代表する大商人のお屋敷。味噌醤油の醸造業を手掛ける。3つの蔵を有しそれらを居住区域が結びつける構成になっており、居住区には立ち入れませんが庭園共々参観できる。毎日30分ごとに無料ガイドツアーがあり。時間があれば是非参加することをお勧めします。現在は市役所が管理しているようです。

點評 (共0條)